企業理念

大地と人を結ぶネイチャーメディアとして、
「安心安全」「ニーズ」「高品質」な製品の提供を通じ豊かな食文化に貢献する。

豊かな食文化を未来につなげる

食の可能性を広げる製粉メーカーとして、食を支える素材メーカーとして、伝統を守りつつ新しさを追い求め、豊かな食文化を創造・継承することが使命です。

安心安全の製品、豊富なラインナップを「ただ提供すること」だけではなく、その先にある“豊かさ”の実現を目指しています。そのために創意工夫を凝らし技術を磨き続けることはもちろん、時には原点に戻って原料と向き合いつつ、安定した供給を持続していくことが必要不可欠です。

 
「食べること」の先にある“おいしさ”や“満足”を支えたいという想いから、誰が・いつ・どのようにして利用しどのような気持ちになるのかをイメージしながら製品づくりに挑み、そして最後に必ず「気持ち」を詰めています。歴史と想いの結晶である自慢の製品を、どうぞご賞味ください。

食の可能性を広げる「食品メーカー」
〜加工することで広がる用途 〜

たとえば“お米”ひとつを取り上げても、粒のままではなく加工して“粉”にすることで用途が大きく広がります。主食としてだけではなく和菓子の素材となったり、料理に使用すると「もちもち」「しっとり」「サクサク」などの食感を演出したりすることができます。近年、米粉はグルテンフリー素材として小麦粉の代用としても使用されることことからも、国内外で注目を集めています。

また、同じ“粉”でも加工方法の違いで異なった特性を持つ素材に変化します。例えば、“きな粉”と“大豆粉”はどちらも大豆を原料としていますが、加熱方法の違いで味や風味が変わり用途の幅も広がります。当社では日々研究開発を重ね、穀物の可能性を広げる取り組みを行っています。

食を支える「素材メーカー」
〜素材にこだわり、質を支える〜

米粉や大豆粉、胡麻などの“素材”は、活用次第で多様な力を発揮し、様々なシーンで使用される食品へと姿を変えます。食品の素になり食文化の根底を支える“素材”を取り扱うからこそ、ごまかしのない製品づくりと安定した供給を第一に製造に取り組んでいます。品質を維持しつつもニーズに合わせて変化させ、新たな食の表現を追求する姿勢を失いません。培ってきた製造技術で製品を磨き上げ、豊かな食文化の創造を目指します。

企業方針
食品メーカー及び外食企業を支える
グレイン(Grain)ソリューションメーカー