生産の現場から

自らに厳しく。それがみたけ食品の自主基準です。

基幹工場である鴻巣工場では、様々な製品を独自のラインで生産しています。安心・安全な製品づくりを行うため、最適品種にこだわった原料選定から、オートメーションによる製造工程のすべてに対して、常に厳しい自主基準のもと、生産に取り組んでいます。

製造工程・品質チェック

  • 金属検出器金属検出器
  • 製品検査製品検査
  • 微生物検査微生物検査

みたけ食品では、お客様に安全で高品質な商品を提供するために、FSSC22000で定めたHACCPプラン、トレーサビリティーシステム、フードディフェンスの基準等に従い、建物や設備、作業環境の整備をはじめ、そこで働く人のルールの徹底、原料受け入れ・投入、乾燥・焙煎、製粉、充填、包装に至るまでの各工程で、検査・チェック等を行い、徹底した品質管理を行っています。

みたけver FSSC22000とは

FSSC22000はオランダの食品安全認証団体(FSSC財団)によって開発された国際的な食品安全マネジメントシステム規格で、GFSI(Global Food Safety Initiative:世界の流通・食品大手企業が加入する組織)が取引先に求めている認証規格の1つです。

国際規格の食品安全マネジメントシステム「ISO22000」の内容に、食品関連業界向けにより具体化された衛生管理プログラム「ISO/TS22002-1」も加えられた非常に厳しい食品安全認証規格です。