認証取得

経営理念

「大地と人を結ぶネイチャーメディア」として、「安心・安全」、「ニーズ」、「高品質」な製品の提供を通じ、豊かな食文化に貢献する。

食品安全方針

  • 食品安全に関連する法令を遵守し、製品の安全安心への追及と顧客の求める価値の提供と満足を高めること。
  • 単に製品やサービスの品質が「良いレベル」ではなく、「比類なき、群を抜いたレベル」を目指す。

FSSC22000取得

当社は、2018年4月20日登録で食品安全管理システム認証FSSC22000を取得いたしました。

食品安全への企業努力と海外輸出を睨んだ国際標準規格へのステップとして、業界に先駆け取り組み、先月当該機関より認証・登録していただきました。国際規格において認めていただけたということで、皆様からもご安心いただけると確信しております。

「安心・安全」「ニーズ」「高品質」な製品を提供することを経営理念に掲げ、今後も維持管理を怠ることなく食品安全を追求してまいります。

 

FSSC22000とは

FSSC22000はオランダの食品安全認証団体(FSSC財団)によって開発された国際的な食品安全マネジメントシステム規格で、GFSI(Global Food Safety Initiative:世界の流通・食品大手企業が加入する組織)が取引先に求めている認証規格の1つです。

国際規格の食品安全マネジメントシステム「ISO22000」の内容に、食品関連業界向けにより具体化された衛生管理プログラム「ISO/TS22002-1」も加えられた非常に厳しい食品安全認証規格です。

有機JAS規格認定の取得

平成13年2月、有機農産物加工食品の製造工場として農林水産省認定の登録認定機関OMICの認定を取得しました。

有機JAS規格とは

農林水産省に登録された登録認定機関が「有機JAS規格」に適合していることを検査し、認定された者のみが有機JASマークの表示を行うことができます。

有機JAS規格の主な要点

  1. ① 植付け前2年以上科学的に合成された肥料・農薬を原則として使用しないこと
  2. ② 放射線照射や、遺伝子組換え技術を用いていないこと
  3. ③ 産地から流通・加工に至るまで、従来の原料と区分して管理、記録されていること

食に対して自然志向が高まるにつれ、化学肥料や農薬に頼らない安心できる有機食品に注目が集まっています。みたけ食品でも、皆様に、より良質で安心な食品を提供したいとの思いで認定を取得し、製品化しました。日本農林規格(有機JAS規格)により限定された原料にこだわった、みたけの<オーガニックシリーズ>をお届けします。

2018年 ノングルテン米粉認証 第1号を取得

6月14日、当社の「彩のかがやき米粉パウダー 300g」が「ノングルテン(Non-Gluten)米粉認証」の第1号を取得しました。

ノングルテン米粉認証は、平成29年3月29日に農水省が公表した「米粉製品の普及のための表示に関するガイドライン」に基づき、グルテンを含まない米粉製品の普及に向けた表示方法として設けられました。グルテン含有量が1μg/g(=1ppm)以下の米粉が認証の対象となります。

発売当初から今日まで「安心・安全」の米粉を皆様にお届けできるよう、原料から製造工程まで徹底した品質管理に努めて参りました。この度認証を取得したことで、これまで以上に皆様に信頼を置いていただけることと思います。

今後も維持管理を怠ることなく、食品安全を追求してまいります。

認定証
製品写真